オブリーンが発売延期

オブリーンが発売延期となりました。

新肥満治療薬の「オブリーン」が発売延期

オブリーン

発売延期となったオブリーン

先日発売間近とお伝えした新承認肥満薬「オブリーン錠120mg」(一般名:セチリスタット)が、発売延期となった模様です。

延期の理由は中央社会保険医療協議会(中医協)による薬価判断が持越しになったためで、いつ頃まで延期するのかなど詳しい情報は今のところありません。

「オブリーン」は武田薬品が今年9月に厚労省から製造販売承認を取得した脂肪吸収抑制剤。

通常、製造販売を承認された薬は中医協で薬価を決める議論を行い、承認されれば保険適用を受け販売開始となりますが、今回オブリーンは製造販売の許可は承認されたものの薬価判断が承認されないという事態になり、発売延期という流れになったようです。

この薬価とはいったい何なのでしょうか?

薬価とは、病院で処方する薬の定価のことで、国(中医協)が価格を決め、薬価基準という価格表に掲載します。国が決めた公定価格なので、病院や医師が好き勝手に値引きしたり、値上げしたりすることはできません。原則として2年に一度改定されることになっています。

オブリーンはこの薬価を決める最終的な段階で待った!がかかったみたいです。待ったの理由がいまいちよくわからなくて…

体重減少効果が2%しかないから、あんまり意味ないよね?

的な内容だったようですが、本当にこれだけの理由だったのでしょうか…。こういったことは滅多にないそうで困惑している医師もいることから、様々な憶測を呼びそうですね。

みんな待ちに待った待望の肥満治療薬ですからね。早く出て欲しい気もしますけど、しっかり安全と効果が確認されてから堂々と承認されて欲しいなとも思います。また何か報道されたらお知らせしますね。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。

  • ブログ村
  • ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です