脂肪蓄積遺伝子

脂肪蓄積遺伝子とはどんな遺伝子?

脂肪蓄積遺伝子

メタボ腹

メタボの原因!?

脂肪の蓄積を調整する遺伝子が発見されました。

この遺伝子が働かないとメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の症状を示すことになったそうです。

ってことはこの遺伝子をしっかり働かせれば、メタボ解消ができるというわけですね。

この発見をしたのは大阪大の審良(あきら)静男教授の研究グループ。

肝臓や脾臓などで働く免疫細胞の中に

 

Trib1

 

という遺伝子からの指令で作られるものがあることを発見。そして、この細胞が免疫だけでなく、脂肪の蓄積もコントロールする役目を持つことも確認したそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130320-OYT1T01176.htm

研究が進めばこの細胞の活動を活発化させる薬を開発し、それがメタボ解消につながるというわけですね。

とはいえ、脂肪の蓄積を調整するだけで脂肪を減らしてくれるわけではありませんよね?

やっぱり日頃の食生活と運動が大事です。

暖かくなってきたし、そろそろ運動シーズンだし、頑張ってカラダ動かしましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。

  • ブログ村
  • ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です