運動療法で行う有酸素運動とは?

運動療法なら専門医指導の下で無理なく有酸素運動を続けられます。

運動療法で無理なく健康的に痩せる

ダイエット外来の運動療法とは、エネルギーを消費させる為にウォーキングやジョギングといった有酸素運動を行うプログラムの事です。

有酸素運動

有酸素運動とは酸素を使用し脂肪や糖分を分解してエネルギー源にする運動で「長時間、一定強度の運動を続ける運動」です。本来、体脂肪はいざという時用に貯蔵されているエネルギーなので、時間をかけて温めないと燃え始めてくれません。また脂肪を燃やすには多量の酸素が必要なので、有酸素運動が最も有効な手段なのです。

無酸素運動

反義語となる無酸素運動は、短距離走などの「瞬間的に無呼吸状態で力を引き出す運動」です。

有酸素運動の種類

ウォーキング

誰でもどこでも出来るので、忙しい現代人にむいている運動といえます。手軽に出来るので他の運動に比べて長続きしやすいです。


ジョギングをはじめ、その他のスポーツ

誰でもどこでも出来るので、忙しい現代人にむいている運動といえます。手軽に出来るので他の運動に比べて長続きしやすいです。


ダンベル等の筋トレ

わずかな時間で出来る運動なので、継続しやすく効果的です。筋肉量を増やすことが目的の運動です。筋肉量の増加により、基礎代謝が上がるので結果的に脂肪を燃焼させやすい身体になります。

運動療法における効果的な運動時間

運動し始めて、最初の20分程度は糖質をエネルギーとしているので、脂肪が燃え始めるのはその後になります。よって、運動は30分~1時間続ける必要があります。

運動後の行動

運動後、すぐ横になったり座って休んだりしないほうが脂肪の燃焼を促進します。脂肪は安静状態になっても約30分程度は燃えていて徐々に収まってくるのです。よって、運動直後の30分は何かしら身体を動かすようにするか、立っているだけでもより効果的です。

運動療法の効果

有酸素運動で増える筋肉は酸素の貯蔵量が多く、体脂肪をエネルギーとして消費します。筋肉は安静にしている時でもエネルギーを使っていますから、この筋肉が増えることで脂肪が燃えやすい身体になります。

運動は継続する事が大事

ダイエット外来の運動療法は、運動を無理なく長期的に出来るように運動プログラムを組むダイエット方法です。歩くだけでも全然違うので、例えどんな運動方法であっても構わないので毎日続けることが大切です。週に一度だけの運動ではほとんど効果はありません

毎日続けることが最重要です。

忙しい生活を送っている中で毎日運動をこなすのは容易ではありません。運動療法は毎日継続的に長期間運動を続けられるようその人に合った運動プログラムを指導します。その人に合わせたプログラムなので、無理がなく、結果的に長く続ける事が出来るというわけです。

医師指導の下、継続出来るプログラムを組んで行うダイエット外来での運動療法なら、今まで挫折し続けてきた人も最後までやり通せるかもしれませんね。