ダイエットを長続きさせる方法

ダイエットを長続きさせる方法についてご紹介します。

ダイエットを挫折せずに長続きさせる方法

糖尿病検査キット

自宅で簡単糖尿病検査

ダイエットが難しく成功しにくい原因の一つに、時間がかかることが上げられます。

長期間に及ぶため、途中で挫折してリバウンドして、再びダイエットを繰り返して、また挫折してリバウンド…という負のスパイラルに陥るわけです。

なので、世間では短期ダイエットなる言葉が人気ですね。みなさん「短期間で痩せられるダイエット方法!」という言葉に飛びつきます。中には確かに痩せるものもありますが、痩せる体質を手に入れるダイエットではないので、一瞬は痩せられたとしても結局リバウンドしてしまうことが多いようです。

ダイエットは痩せることが目的ではなく、痩せるための生活習慣、食生活、体質を手に入れることが目的です。

その為には、長い期間をかけて生活習慣、食生活、体質を改善していく必要があります。長い期間をかけて作り上げた太らないカラダ、生活習慣、食生活はそう簡単には元には戻りません。健康的に痩せることができるのです。

ただ、カロリー制限、運動、生活習慣の改善など、今までの生活を変えていく毎日はかなり辛いものになります。ある程度期間が経つとちょっとくらいいいかという油断も出てきますし、一度許してしまうと人間は弱いものであっという間に元に生活に逆戻りでダイエット失敗となります。

ダイエットを挫折せずに長続きさせるにはどうすればいいでしょうか?

2つ方法があります。

1.ダイエット外来やエステなどを利用し、他の人と一緒に目標体重に向かってダイエットする!
ダイエットは大体独りで行うものですが、独りだと甘えが出て挫折してしまうものでも、他の人と一緒に行うことで挫折を防ぎ、最後までモチベーションを保つことができます。友達とかでもいいですが、ダイエット外来や痩身エステなどの場合、時には厳しく時には優しく、目標に向かって鼓舞してくれるのでより確実に挫折を防ぐことができます。

何より自分でお金を払っているという思いがやり遂げなければ無駄になるという意識を芽生えさせ、最後まで諦めない活力を生んでくれるはずです。

2.見た目重視のダイエットではなく健康のためにダイエットする
ほとんどの人が見た目が綺麗になりたいとか、着たい服があるといった見た目的な欲求からダイエットを始めると思います。ただ、一部健康状態を良くする為にダイエットする人がいます。

肥満は糖尿病や高脂血症、高血圧症、最終的には動脈硬化につながり、命に関わる病気のリスクとなります。

そういった病気の予備軍と診断された人は真剣にダイエットに励みます。それはそうですよね、命に関わるんですから誘惑に負けて途中で挫折というわけにはいきません。現在健康な人が病気のリスクを感じてダイエットをするのは中々難しいと思いますが、まずは肥満による病気のリスクを知ることで本当に肥満は怖いものと認識することが第一歩です。

怖い病気のリスクを持って生活しているという認識を持てば、ダイエットを取り組む本気度も変わって継続する力になるはずです。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。

  • ブログ村
  • ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です